秀真ことだま学では、あなたを含めた一人一人の魂を天(てん≒神さま)と同質の存在として…
天之別御魂(あめのわけみたま)』若しくは『天身中主命(あめのみなかぬしのみこと)』 と、呼んでいます。

つまり…
我々人間は『神様の分身』を身体の中にお祭りしている、謂わば『生きている神社(お宮)』みたいなものであるとして、 我々は人間の事を…『生宮(いくみや)』と呼んでいます。

さて、秀真ことだま学には…

  『生宮恵美賜(いくみやえみため)』

という真咒(しんじゅ=呪文)が伝わっています。
『生宮』とは、先に申し上げたように人間つまり『あなた』のこと。 『恵美賜』とは、『笑み給え』ということ。
つまり『生宮恵美賜(いくみやえみため)』とは…

   あなた方、笑いなさい!

という意味になります。
人は、笑う事でモチベーションが上がり、萬事にヤル気が出るものです。 これを秀真ことだま学では…『御魂振(みたまふり=魂が活性化している状態)』といい、楽しく生きる為の基本姿勢としています。
そこでこの度、一年を楽しく笑って過ごせるように祈念して、『御魂振真符(みたまふりしんぷ)』及び 『御魂振歳守(みたまふりとしまもり)』、そして良縁を引き寄せる『御魂むすび守』を謹製致しました。
御魂振真符 御魂振歳守 御魂むすび守

●御魂振真符●
机やドレッサーの横など、常に目に触れる所に安置し、日常笑いを忘れた時に眺めてください。なお、この御魂振真符は、神棚や他の神社のお札より下に安置してください。

●御魂振歳守●
月行大道があなたの生年月日と性別をお入れしてお渡し致します。お財布やパスケースなどに入れ、常に身につけて、笑いを忘れた時に眺めて下さい。

●御魂むすび守●
笑顔を絶やさず、心(魂)を震わせることで、素敵な方とのご縁が引き寄せられます。 むすび守りには、吉縁を結んだ紅白の《結び》をお入れしております。折々この《結び》に触れることによって、素晴らしい「縁(えにし)」が結ばれます。

◆◆御魂振護符の詳細や授与に関しするご質問は以下のリンクよりお問合せください。◆◆



◆◆《御魂振の護符》をお受けになられた方は、こちらもご覧ください。◆◆

Copyright(C) 2011 Kotodamano-Oshie. All Rights Reserved.